その日におきた気ままな独り言です。


カウンター

現在の閲覧者数:



最近の記事



最近のコメント



プロフィール

弐の槍

Author:弐の槍
弐の槍@ジャイアンの気ままな独り言です。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カテゴリー



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふじてんに遊びに行ってきました
DELTA(十六夜ちゃん)でふじてんに行ってきました。
初めての場所だったので迷子に成る前提で、集合時間5時間前の4時に出発しました。っが!迷子に成らず到着してしまったために2時間ほど待つはめに・・・。
DSCF0825.jpg
すでにどMさんが到着していました。

開門まで待つ事に、気温8度と富士山舐めてました。かなり涼しいです。
しばらくすると、たまあみさんもやってきました。
開門まで外で立ち話(笑)
8時に開門すると、駐車場に入り、準備に取り掛かります。
少しして、bellさん、Leonさん、みちみちさんご家族、マナブさん、龍さんと続々やってきました。
DSCF0828.jpg

hideさん、よーこYさんがまだ来ません!
電話で確認すると、渋滞に巻き込まれてまだ掛かるとの連絡が・・・。
って事なので、先に始めちゃいます。
リフトに乗り、山頂に行くと、結構な寒さでした。
一本目は新コース+馬車道コースで降ります。
道も結構狭く、傾斜も富士見よりきつくハードテールの十六夜ちゃんで来た事を、後悔しつつ逝きました。
常日頃、DHはフルサスで行っていたので、ハードテールでのコントロールの難しさを味わいながら下って行くと・・・
鹿が網に引っ掛かりもがいているではありませんか!
DSCF0834.jpg

猛烈なあばっれぷりです。
それに気を取られたのか、緊張感が途切れてしまい。60cm程のドロップオフを目測を誤り、思いっきり転倒!
バイクをかばいながら、前転しちゃいました(笑)
バイクは無傷!良かった。オイラは肘を擦りむいてしまいましたが、問題無く遊べます。
そうこうして、2本目、3本目とやっていると、hideさん、よーこYさん、みっつんさんと合流。
みっつんさんは、今年の全日本エリート女子XCで3位に入る実力です。
合流したら、マナブさん達は、みっつんに連れられ、ゲレンデ、自走で登って行きます。
しごきが・・・。
リフトで上に着くと、しごきを終えた面々が来ています。
よーこYさんのスカルペルを見てみると、サスはロック状態、タイヤの空気圧はパンパンで、とても山で楽しむ仕様ではありませんでしたが、みんなで寄ってたかって、山仕様にリセッティングしてます。

みんなで仲良く馬車道コースを下ると鹿さんの救援活動してました。
鹿を見ると転ぶ!緊張感が欠如するんでしょうね。コースを間違えて、ジャンプ台に入ってしまいジャンプ!
しっかりおつりをもらってしまい、リアが跳ねて、転倒。
あと少しで立ち木にぶつかるところでしたが、身を呈して、バイクを守り、傷つけること無く無事生還でした。
お昼も近い事も有り、昼食に。
富士見の様な、メニューもなく、うどん、そばにそれぞれ、山菜、天ぷらが有り、ラーメン、チャーハン、わさびチャーハン、おにぎりの記憶できる程のメニューでした。
小食ですから、もちろん、天ぷらそばにわさびチャーハンを頼んで完食しましたが何か?(笑)
お腹がいっぱいに成り過ぎたって事で、ゲレンデ直登りは辞退させて頂きました。
腹ごなしに、みっつんさんの撮影会が・・・
DSCF0839.jpg

マナブさん、これが目的だ!と豪語してました(笑)
撮影している間、ゲレンデの芝生の上を下ってきました。
結構なスピードが出て、ところどころに窪みが有り、結構な恐怖を感じながら、1分程でみんなの処へ・・・
みちみちさん家族の撮影会が始まっていました。
娘さんのめちゃんが中々の人見知りで、笑顔でカメラに向いてくれません。
此処は、オイラの秘奥義、みんなのアイドルミッキーマウス拳を出さなくては!
「ミッキーだよ!」
まだ笑わない!連打しか無いな!
「ミッキーだよ!ミッキーだよ!」
笑い始めたぞ!
猛烈にプッシュだ!
「ミッキーだよ!ミッキーだよ!ミッキーだよ!」
最高の笑顔をゲットできました!
午後からは、よーこYさんと一緒にコースを下り、アドバイスなんかしながら、よーこYさんが上達して行くのを見ていました。
気が付くと、コースにも慣れ、オイラを凌駕して行くほど上達です(笑)
途中、みっつんさんの課外授業で、激坂登りと3mのドロップオフをやらされたりと、しごかれましたが、楽しく遊ぶ事が出来ました。
298010_186566201419281_1000019770790.jpg
307789_186566241419277_1000019770790.jpg

しっかり、参加したみんなの記憶に、ミッキーの中身はオイラだという記憶を刷り込む事に成功しました。
15本程コースに出て、コースでの転倒は5回、道に迷い担いで、コース外を歩く事1回、「ミッキーだよ!」と叫ぶ事100回以上これが、ふじてんでの記録です。
最後にみんなで記念撮影!
DSCF0842.jpg

楽しいひと時を有難う御座いました。
帰りは、途中仮眠休憩を入れて無事帰宅出来ました。
サドル、グリップが土色に変色してしまった。(涙)
DSCF0843.jpg
18年前のDELTAでしたが、トラブルもなく十分楽しむ事が出来ました。
スポンサーサイト


土曜日は
今度の3連休は8日休み、9日午後から仕事、10日仕事と、全然休みじゃ無い!!

富士チャレンジ200も抽選で外れたし・・・

SNSで知り合った方々と8日の土曜日、フジテンで、トレイルをやるって事に成りましたので、山梨まで、行ってきます!

折角完成したのだから、DELTA(十六夜ちゃん)号で、行ってきます!
20110906205015.jpg
タイヤもMAXXISのモノレールUST26×2.1に交換してシーラントを注入しちゃいました。
バックパックに色々と工具を突っ込んで準備万端です。

みんなの迷惑に、成らない程度に頑張って行こうと思います。
ただ心配は、メッキリ衰えた体力です(笑)

シクロクロスGP-mistral開幕戦に行ってきました

シクロクロスGP-mistral開幕戦を観戦&応援しに埼玉まで行ってきました。
9月18日に富士見で来週シクロクロスの大会に出るので、良かったら応援に来て下さいね。と山本和弘選手(KAZU)に言われて、COG埼玉支部の仲間に便乗させていただき応援に行く事に成りました。
Twitterで事前情報をゲットして、電車で上京する事にしました。
ジュリアのぱぱさんからメールをいただき、宮原からピックアップしてもらえる事に成りました。
6時12分発の飯田線に乗り、豊橋へ!
今日の相棒は里山用のバックパック。
豊橋から東海道新幹線で東京に!
新幹線内で駅弁を食べながらTwitterで情報交換してると、よーこYさんもジュリアのぱぱさんにピックアップされて現地入りの話が。
大宮駅でよーこYさんと落ち合う事に成りました。
大宮に付くと直ぐよーこYさん発見!
Cannondaleグッズでコーディネートされてましたので。
宮原まで移動して、ジュリアのぱぱさんと合流。
ジュリアのぱぱさんの運転でいざ、吉見運動公園へ!

途中曲がり角を間違えたみたいで、スタート10分前位に到着しました。
車を降りると目の前には、偶然にもKAZUさんが!
KAZUさんの後ろには、ichi4youさんの息子さん達も!
団員1号2号であるichi4youさんの息子さんに、先導されなが、応援される皆さんの元にいくと。

「弐の槍応援団長が来ました!」

と会場に響かんばかりの大声で紹介されちょっと恥ずかしかったなぁ。
DSCF0771.jpg

KAZUさんがスタートの準備に付いたとの情報が入り急いで行くと、なんと最後尾です。いつもと違う雰囲気ですが、めちゃくちゃリラックスしてます。
DSCF0766.jpg

するとKAZUさんから突然、

「弐の槍さん、お茶」
私の飲んでたお茶を要求(笑)
Jじゃ考えられない程、ゆったりとしたレース前です。
お茶を飲み終え、ペットボトルを受け取ると、KAZUスマイル!
このルールが後々の事件を起こします。
やる気十分です。
スタート1分前のコール。
10秒もしないうちに、30秒前コール。
KAZUさんから
「今の30秒早くない?(笑)」
と声が出るほど早かったですね。
運動公園内を沼やら、障害物やら、人工的なセッションあり、テープでコースを作って有り、高低差のほとんど無いので、常に漕ぎ続けなければ成らず、KAZUさんの言っていたスピードを身に付けるのにはとても良い練習に成るレースですね。
1周2kmのコースを約1時間走る競技で周回数が決まって無いレースでした.
レースがスタートしました。
DSCF0767.jpg

最後尾スタートのKAZUさんは半周過ぎた辺りでは、アンカーの辻浦選手とデッドヒートを繰り広げており、後続から30秒以上1周目で離しておりました。
DSCF0768.jpg

シクロクロスの帝王の辻浦選手は上手いレース裁きで付かず離れずで、様子を伺っています。
DSCF0777.jpg

最終ラップまで、ランデブーで後続を引き離しながらレースを展開していきます。
DSCF0778.jpg

「これって何周のレースなの?」
DSCF0789.jpg

「なんか、1時間の地点で最終ラップに成るみたいで、1時間のレースみたいだよ」
DSCF0801.jpg

そもそもこの会話が間違えの始まりでした。
レースは先頭が3ラップした時点で、ペースを考えて1時間前後に成る様に調整して、3ラップ目で先頭の人に残り周回を教えるシステム。
そこを理解していれば、KAZUさんのゴールシーンをCOGのメンバーで祝えたのに!
DSCF0794.jpg

「そろそろ1時間に成るから、ゴール前行きますか」

ゴール前に向かう我々、レースを終えて戻ってくるKAZUさん。
一同、凍り付きました。
「COGのメンバー、ゴール地点に誰も居なかったよ~ぉ!?(笑)」

すまんKAZUさん、優勝の瞬間を見損ねた(笑)
DSCF0810.jpg

とか言いながら、笑顔のKAZUさんとCOGメンバーとの交流会&写真撮影会が!
DSCF0811.jpg

少しすると、「KAZUさん表彰式はじまるから表彰会場来てください!」

バイクも泥だらけのまま、バイクで一足先に行ったので、COGメンバーでゾロゾロ歩いて行くと、表彰式も終わってるし!
KAZUさんの奥さんの一声で記念撮影はもう一度出来たみたいだが(笑)
結果、優勝はKAZUさんみたいだが、ゴールシーン及び、表彰式を見損なったので、私的には幻の優勝となってしまいました。
せっかく愛知から応援に来たのに(つд`)
シクロクロスとてもアットホームな感じで、生演奏の音楽が流れ、お弁当広げながらワイワイガヤガヤ応援するスタイルに居心地の良さを感じました。



明日は埼玉にGO!
シクロクロスの大会を観戦しに埼玉に行きます!
現地では、C.O.Gのメンバーに合流して、山本和弘選手を応援に行く予定です!
強行軍なので、起きれるか心配なんですが!
電車で行ってきます!

J1シリーズ第5戦富士見大会に行ってきました
CANNONDADE OWNERS GROUP
と言う、SNSに入っています。
そこで、知りあった方々とMTBJ1シリーズ第五戦富士見大会を、観戦、応援に行って来ました。
応援は
キャノンデールファクトリーレーシングチーム

山本和弘選手(KAZU)です。
朝富士見に着いた時は霧雨がパラつく生憎の天気でした。
DSCF0636.jpg
スポーツクラスがスタートする頃には、雨が上がりますがマッドな路面。
DSCF0638.jpg

続いて、エキスパート男子、エリート女子のスタートです。
この頃に成ると、COG応援メンバーが集まってきます。
ichi4youさん家族、さときちさん家族、TTさん家族、goldlandさんです。
食堂の前に、アンカーの辻浦選手を発見!
写真を撮らせて下さいと頼むと、辻浦選手から、

「一緒に撮りましょう」

との声がかかり、Cannondaleのジャージを着ている私と2ショット写真を!
撮影も近くにいた方に辻浦選手から声をかけていただき、とてもフレンドリーな方でした。
DSCF0666.jpg

ただ、写真を撮る時に、腰に手を回され、引き寄せられた時は、ビックリしましたが(笑)

エリート女子は片山選手がずば抜けていますね。
DSCF0668.jpg

ゲレンデの中央、COG応援ブースに、ラフな格好で、KAZUさん登場です。
DSCF0669.jpg

COGメンバーみんな、笑顔!レース前の路面状況を確認にきました。
とてもリラックスしていて、今日は、強いレースを展開してくれる予感がしました。
エリート男子まで時間が少ないので、早めの昼食をして、食事後、KAZUさんの車に行きました。
エリナさんから、魂の応援旗を託されます。
DSCF0677.jpg

COG応援団団員のichi4youさんのお子さんと一緒に応援です。
午後に成ると天気は快晴!
DSCF0674.jpg

いよいよエリート男子のスタートです。
DSCF0671.jpg

KAZUさんがホールショットを決めて、トップで力強く走ってきます。
DSCF0672.jpg

COG応援ブース前に先頭で、来ました。後続との差が30秒位付いていました。
DSCF0678.jpg
アンカーの辻浦選手も頑張ってます。
DSCF0675.jpg
2周目突入時には、約1分の差に成ってます。
我々、COG応援団も素晴らしいレース展開に盛り上がってます。
2度目の応援ブース前に来たときには、更に離して独走状態!
DSCF0679.jpg

ブースを離れ、ゲレンデ上りのCOG応援ブース2に移動して、KAZUさんが来るのを待ちます。
バックストレートを抜けて、上りに差し掛かった時、KAZUさんが手を上げます!
我々、応援団は、KAZUさんが我々に手を振る余裕が有るのだと思ってた瞬間、バイクを降り、押して逆走します。
チェーントラブルです。ミッシングリングが切れてしまったみたい。
KAZUさんはこの時、チェーンが落ちるのを見て、リタイアも頭によぎったそうです。
ミッシングリングを必死に探すKAZUさん、見つかりません。
後続に2人程抜かれてしまいました。
我々は、
「諦めないで!頑張れ!」
フィールドゾーンに行けば、部品を受け取って修理も可能です。
フィールドゾーンまでは約1kmも有ります。しかも、ここからゲレンデを登らなくては成りません。
「諦めるな!まだまだ行ける!」
会場から声援が響きます。
そして、意を決して、KAZUさんがバイクを押しながらゲレンデを激走していきます。
DSCF0680.jpg
DSCF0681.jpg


トップ集団が通過。 40秒程遅れて4位でKAZUさんがフィールドゾーンまできました。
チェーンを繋ぐ作業をしています。
DSCF0682.jpg

気が付くと8位まで後退、トップとも2分半位の差に!
ここから怒涛の追い上げが始まりました。
残り周回5周、トップとの差も2分半位、十分逆転出来るハズ!
DSCF0683.jpg

しかし、先程の押しが響いてはいないだろうか?
DSCF0685.jpg


KAZUさんも後で反省してましたが、ムキに成りすぎたみたいです
怒涛の反撃です。3周目には6位、4周目には5位、5周目には4位、トップ3は団子状態で、差は1分!


しかし、無理し過ぎたのか6周目でコーラを要求!
エリナさんがまた、右往左往してますが、応援している我々は、エリナさんが走ってる!また何かトラブル?って心配してましたが、KAZUさんが、元気良く走っているので安心しました。
トップ集団がバラけて、3位との差が20秒に成り、表彰台まで後少し!

3位の沢田選手がバックストレートを抜け、ゲレンデを登ろうとした時、チェーンのインナー落ちのトラブル!
迫るKAZUさん、焦る沢田選手。 遂に、3位に上がりました。
7周目突入時点で2位と1分強、トップとは2分程の差です。

DSCF0691.jpg
コーラをチャージして追撃と行きたいところですが、前半戦の無理がたたって、最後は少々失速しましたが、まだ、諦めないで、上を狙ってました。
DSCF0696.jpg

ゴールすると、会場から、割れんばかりの拍手とKAZUコール。
DSCF0698.jpg

今大会を一番盛り上げたのは間違い無くKAZUさんでした。
ゴールと同時に倒れ込み、死力を尽くしたKAZUさんにCOGメンバー一同感動しました。
DSCF0700.jpg

KAZUさんが立ち上がり、
DSCF0703.jpg

ichi4youさんのお子さん達が、KAZUさんの元へ。
ichi4youさんの長男が一言。
DSCF0705.jpg

「かず!がんばった!」
この一言で、会場は爆笑の渦に!
流石のKAZUスマイルも、お笑いモードに?
場が和みました。

疲れている中、すぐさま、我々COGメンバーとの記念撮影ありがとうございました。
DSCF0708.jpg
DSCF0710.jpg


表彰式では、優勝の小野寺選手に「ラッキーでした。」と称賛していました。
DSCF0738.jpg
今大会は、KAZUさんの大会だったと思いました。

表彰台の男子スポーツ、エキスパート、エリートと9人中5人北海道出身と、道産子パワーを見せ付けられた大会でした。
DSCF0745.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。